トラベラーズノートを1日2ページのメイン手帳にしてみたら快適だったお話

手帳
Pocket

こんにちは、えみです。

今私がメインで使っているのはトラベラーズノートパスポートサイズなのですが、これが私の今までの手帳のお悩みを解決してくれる救世主でした!

主に使っているのは方眼罫かドット方眼のリフィルで書いている「デイリーノート」。

今回はこの「デイリーノート」を中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

デイリーノートに書いている項目

見開き2ページをを1日分としています。
そうするとちょうどピッタリ1ヶ月で1冊使い切ります。

  • タスクとスケジュール
  • 家族の予定
  • 献立
  • メモ
  • 振り返り
  • 日記

これらを、その日の分まとめて見渡せるようにまとめています。

デイリーノートの運用方法

日付のハンコを押して、線を引いてから

  • 家族の予定
  • 献立
  • スケジュールとタスク

を記入します。

青文字は説明のために記入したものです

日中

家にいる日中は開きっぱなしで常に側に置いて、終わったタスクにはチェックを入れていきます。

この「開きっぱなし」というのが私的には効果的で、ふとした時に目につくので、タスクの漏れがグンと減りました。

寝る前

下の欄に1日の振り返りを、右ページに日記を書いています。

振り返りは「その日印象に残ったこと」→「なぜそうなったのか」→「今後はどうしていきたいか」という流れで書きます。

日記は、特に書き方や書く内容は決めていません。

その時に書きたいことを、文字でも絵でもなんでもいいので書くことにしています。

その日あった良かったこと・嫌だったことを書く日もあれば、印象に残った出来事を記録したり、「明日やりたいな」と思いついたことなど、なんでもOK。

寝る前に布団に入ってからいろいろ考えてしまったり思い出したりすることが多いタイプなので、寝る直前に書く作業をすることで頭の中をスッキリさせてから眠れるようになりました。

1日2ページにした理由

「1日1ページ」の手帳はよく見ますが、あえて「2ページ」にしたのは理由があります。

人に見せたくないことを隠しておける

あえて「2ページ」にした1番の理由はこれ。

以前にも1日1ページ手帳やウィークリー手帳で同じような書き方をしてみたことがあったのですが、前日の日記などを書いたページを広げて置いておくことになってしまうので、どうしても人目が気になってしまうんです。

1日2ページなら常にめくった状態になるので、日記も人目を気にせずなんでも書けます。

その日のことが全て一か所にまとめられる

その日にやらなくてはいけないことやスケジュールが全てまとめられるので、うっかり忘れてしまうようなことが減りました。

また後から見返す必要があったときにも、実際あったことややったこと、振り返りから日記まで、1日のことが全て1か所に集約されているので、このノートさえ見ればどんな1日だったかすぐにわかります。

サイズとのバランス

トラベラーズノートパスポートサイズのリフィルは、数ある手帳の中では小さめです。

私は日中広げたまま置いておきたかったので、この「小ささ」が重要でした。

でも当然書くスペースも狭いので、1日1ページでは書ききれなくなってしまうため1日2ページにしました。

デイリーノートの他にに入れているもの

マンスリー

出先で先の予定がわからないと困るので、マンスリーは常に見られるようにしています。

カード入れ

以前こちらの記事を書いた時には、お財布がわりに使っていました。

現在もカード類は一緒に入れていて、出かける時にはお財布兼手帳です。

ペンホルダー

正規品のペンホルダーではなく、自作したものを付けています。

合皮のシートを両面テープで貼り付けています。

まとめ

トラベラーズノートで1日2ページデイリーノートを始めて、今まで感じていた手帳のお悩みが一気に解決しました。

手帳の使い方でお悩みの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
シェアする
えみをフォローする
えみのほほえみ日記

コメント